英語での生活

日本の英語教育は、本当に英語力を付けるためには不適切だといわれています。それというのも、日本の中学校や高校で教えられる英語は受験のための英語であり、主要になっているのはリーディングとライティングです。もちろんリーディングとライティングも英語力を向上させるためには大切なものですが、日常で最も必要になる能力はリスニングとスピーキングなのです。このリスニングとスピーキングは中学校でも高校でもあまり重要視されておらず、結果として日本人は英語を聞いたり話したりすることが苦手になってしまっています。そのため、英会話がうまくいかなくなっているのです。
このリスニングとスピーキングの力を向上させるためには、とにかく英語をよく聞き、よく話すしかありません。しかし、日本にも英会話スクールがあるものの、日常的に使う言葉は日本語です。どちらを長く聞き、話すかといえば、明らかに日本語なのです。これを改善する方法が、語学留学なのです。

リスニングとスピーキングの力を向上させるには、英語しか聞こえない環境に身を置くことが一番です。その手っ取り早い方法は日本を出ること、つまり語学留学をすることなのです。フィリピンは世界第3位の英語人口であり、日常会話は英語です。さらにフィリピンの物価は安く、語学留学をしても非常に暮らしやすいといえます。
こういった条件があることから、フィリピンへの語学留学は、英語の中に身を置きたい人にとってまさにうってつけの方法なのです。