価格が安い

語学留学の行き先としては、多くの国があげられます。たとえばアメリカやカナダといったアメリカ大陸の国、イギリス・フランス・ドイツといったヨーロッパ諸国、オーストラリアも留学先としては一般的です。そんな中で、フィリピンというのはあまりイメージになかったのではないでしょうか。何故フィリピンが留学先として注目されているのか。これには、費用の問題も大きく関係しています。

留学先に選ばれる国は様々ですが、その中でも一般的なのがアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドです。これらの国とフィリピンを比較した場合、費用面ではどのような違いがあるのでしょうか。
まずこれらの国に語学留学をした場合にどれだけかかるのかを考えます。それぞれの国に1カ月留学した場合、アメリカは約35万円、カナダは約25万円、イギリスは約35万円、オーストラリアは約30万円、ニュージーランドは約25万円です。これらにプラスして渡航費もかかるため、実際にはもう少し高くなります。
これに比べてフィリピンへの語学留学の場合では、約15万円で留学することができます。他の国と比べて10万以上の差があるので、この安さは破格ともいえます。

また、こういった留学費や渡航費だけでなく、現地でどれくらいお金がかかるのかというのも気になる点です。欧米諸国は基本的に物価が高いことが多いので、生活も大変です。
一方のフィリピンは物価がとても安く、日本の1/5程度で様々なものを買うことができます。この物価の安さも、語学留学では嬉しい要素ですね。